東京農工大学 自動車部 = TNUAC 活動報告



13/02/17 日光4時間耐久レースE-1 日光

110918耐久
2月17日、日光サーキット4時間耐久レースに参加してきました。

110918耐久
車両は引き続きAE92レビン。
タイヤは新品を投入。ドライバーも実力順です。

走行前に車両のチェック。
110918耐久
が、エンジンをかけると……

排気が青白い?

走ったら収まりました。その後は問題なし。
110918耐久
前回に引き続き、OBチームも参戦します。

車両はEP82スターレット。
110918耐久
予選はコースに慣れるべく全員が出走。
最後に最速男がアタックする流れでした。

が、序盤からスピン続出、一人一回は回るような状態。

特に外周終わりの10コーナーは魔のコーナーと化していました。
110918耐久
予選を終えて16位。

決勝へ向けドライバー同士でミーティング。

オーバーステアを解消すべく、フロントの車高を上げることに。
110918耐久
グリッドに整列。
フォーメーションラップの後、決勝開始です。
110918耐久
マシントラブルもなく、決勝は快走。

抜かし抜かされで走っていましたが……
110918耐久
オーバーステアは直らず、決勝でもスピン連発。

かなりのタイムロスとなってしまいました。
110918耐久
車高アップでも直らなかったオーバーステア。

原因と思しき写真がありました。
110918耐久
拡大写真。リアタイヤがロックしています。

前後でのブレーキバランスが合っていなかったのか、単にブレーキを残しすぎなだけか。
これが原因とも限りませんが、要研究ですかね。
110918耐久
ピットインの様子。
ドライバー交代の他、タイヤの空気圧調整や情報交換を行います。

手早く行うのが鉄則です。
110918耐久
コース脇では、簡易ですがタイム計測。

ピットイン指示やペース指示、残り時間をドライバーに伝えるのを担当します。

終了間際はドライバーが音を上げるまでペースを上げさせたりしていました。
110918耐久
耐久レースですので、レース中に給油が必要になります。

OBチームと並んで給油。お互いにガソリンは辛かったようです。
今回は2回に分けて給油しました。
110918耐久
レース終盤。

車は快調ですが、タイヤはさすがに厳しくなってきます。
タイムも目に見えて降下。前半で使いすぎたか?

レース後に確認すると、タイヤは見事に肩がなくなっていました。
110918耐久
スピン以外はトラブルもなく、今回は無事に完走できました。

レース終了後はホームストレートに全車が整列します。

夕日を浴びるAE92。お隣はAE101ですね。
AE111も参戦していました。FFレビン、勢揃い。
110918耐久
決勝後は表彰式と景品の抽選会。

トップ賞がガレージジャッキとあっては無視できません。

現役は普通の粗品でしたが……
110918耐久
OBが大当たり。1.5トンのジャッキが当たりました。

しかもこれで2回連続。OBパワー、恐るべし。

この後、集合写真を撮って解散となりました。
110918耐久
お疲れ様でした。
結果はともかく、楽しめたようで何よりです。

次回の耐久は、例年通り8~9月、再び日光サーキットを予定しています。