東京農工大学 自動車部 = TNUAC 活動報告



14/08/25 エビスサーキット 練習

本日はエビススーパー耐久に向けての練習ということで、はるばる福島のエビスサーキットまで行ってきました。


本番は部車のEG6で参加する予定なので、まず2年生は慣れるという意味合いも込めてEG6を持って行くこととなりました。

近く(?)のレンタカー屋さんでヒノノニトンを借りて夜に東京を発ち、のんびりとやって参りました。
無事到着致しました。
用事で早めに出発したエボと合流し、今回はこの二台で参加です。


マンデーチャレンジ、普段は人がまぁ居るということでしたが、何故だか今日はガラガラで、ほぼ貸し切り状態でした。
準備をしたら、早速コースインです!
どんな具合でしょうか
一回目のピットインで早くも異常発見。。。


なんか水滴が垂れてるものだから、最初エアコンかとも思いましたが、そもそもエアコンって一体何でしたっけ?と思ってよくよく見ると、、、

クーラント駄々漏れorz


どうやらドレンコックがしっかりと締まってなかった模様
そうこうしている間にも、エボさんは快調なご様子。

EGも整備不良を直し、いざ
途中でスピンし、一時エンジンが再起不能に陥ったこともありました(汗
運営の方に直ぐに引っ張っていただき、感謝です。


ピットに戻った頃には何事もなかったかのように掛かってくれました。
プラグにかぶったのでしょう
<以下、先輩のお言葉引用>

エビス東コースはアップダウンが激しく、走りごたえが有ります。
非常に面白いサーキットでした。

クルマの方はタイヤの減りを見ると、どうやらキャンバーが足りていないようでした。
足回りは軟らかく、比較的車高も高いのですが、路面がバンピーなエビス東では走りやすかったです。

<引用終了>
走行終了時間が差し迫ったころ、止まっているエボを発見
走行中、いきなり全電源を喪失したそうです。


ピットに引っ張られたのち、電装系を探ってみます。
すると被膜を千切られて導線が裸になったハーネスを発見
しかし、そこを直しても再びヒューズが飛んでしまいます。

その後も修理を試みるも、結局成りませんでした。
さて、今回の主な目的はEG6の状態チェックはもちろんの事、2年生の車とコースに慣れることでした。


ブログでもあるように、まだまだ2年生(特に筆者)の技術が足りないように感じます。
本番に向けて、まだ少しながら時間はあるので、練習あるのみかと思っています。